多汗症

MENU

多汗症とは?

ワキガで悩む人で同時に多汗症を持ってるケースはなんと60%にも上り、2つは切っても切り離せない問題だと考えられています。

 

その多汗症について今度は考えてみることにしましょう。

 

※「汗かき」と「多汗症」の違い

 

俗に言う「汗かき」と「多汗症」は全く違うものです。

 

ではまずわかりやすいように、汗が分泌されるメカニズムを説明しましょう。

 

発汗には2種類あり、1つは「温熱性発汗」と言われるもので、体温を調節するために欠かせです。

 

例えば食事としてとったものが体内でエネルギーに変換され、この時に発する熱エネルギーを体外に発散するために汗が出ます。

 

また外気温の変化、運動などによって体に熱がこもってくると、上昇する気温を抑えるため、より多くの汗を出し、気化熱の間で体温を下げる働きをします。

 

「汗かき」の人はこれらの変化に敏感に「汗かきの人は」これらの変換に敏感に飯能市、ちょっとしたことで汗をかいてしまう人のことを言うのです。

 

また、肥満の人の体に熱がこもりやすいので量の量が多くなり、汗かきになってしまいます。

 

このような場合は生理的量なので心配はいりません。

 

手に汗の正体

 

もう一つは「精神性発汗」と言われるもので、緊張したり驚いたりするときに起こるものです。

 

「手に汗握る」とか「冷や汗かいた」などと言うのはまさにこのことを指しています。

 

そして「多汗症」とはこの精神性発汗がもたらすもので、その発汗が状況にしてるのです。

 

緊張すると末の靴下や靴下が絞れるほど汗をかいてしまうような症状は「多汗症」と呼びます。

 

多汗症は精神的不安に起因しているものなので、「汗をかくのでは?」と気を使えば使うほど、症状を悪化させる厄介なものです。

 

それとは別に、異常に寝汗をかいたり、何をしたわけでもないのに多量の汗をかく状態は、患者が何らかの異常きたしていることも考えられますので十分に注意しましょう。

 

当サイトの他の記事でも多汗症について解説しておりますので、ぜひご覧ください。

 

また、急いで汗を止めたい、匂い処理をしたい場合は速く効果の出るクリアネオがオススメです。